バリカンでセルフカットをする時に部位別に上手に切るコツ4つ

男の子や男性ならバリカンを使った経験がある方もいると思いますが、思い通りの髪の毛に切れたりコストを抑えることができます。

ですが失敗すれば変な髪型になってしまったなんてことにもなりかねません。

そこでバリカンを使って上手く切るコツを部位ごとに紹介していきます。

バリカンを使うメリット

はさみで髪の毛を切ろうと思うと手も疲れるし手間がかかると思います。

ハサミできると鏡を何度も確認しながら長さを調整する必要があるため、どうしても左右の長さが揃わないという時もありますが、バリカンであれば何ミリで借りたいのか設定しておくだけなので、長さにバラツキが出ることもないので安心してください。

髪の毛を全部刈ってしまい丸坊主のようなスタイルになるのではないかと、正しく使えば自宅にいながら思い通りのヘアスタイルを作ることができますよ。

部分別切り方

頭頂部

頭頂部はすきバサミを使って全体的に短くカットすることができます。

バリカンに長めの刈高さやアタッチメントを取り付けてカットすればすきバサミを使ってカットするのと同じように自然な仕上がりにまとめる事ができます。

頭頂部の場合上下左右や斜めにバリカンが通るように動かすと全体に切れて切り残しがなくなります。

側頭部

側頭部の場合はアタッチメントを付けて短めに切るようにしていきます。

切り方は耳の周りから弧を描くようにすると綺麗に切れます。

下から上にバリカンを動かす時に徐々に皮膚から話していくように気をつけながら切るようにしてみてください。

後頭部

後ろはうなじの所は短くきりますが、上に借り上げる時に、バリカンをを少しづつ浮かせながら切るようにすると美容室でカットしたような自然な仕上がりになります。

動かすコツときはうなじ部分はバリカンを肌に付けますが、どんどん頭頂部にいくにつれて皮膚から離していくよくに注意しながら切るようにしてください。

バリカンを使う注意点

美容室などお店で綺麗に切ってもらうのとは違うので、初めてのセフルカットに挑戦する方は難しいのではと感じるかもしれませんが、それは当たり前のことで免許を持っていない人が鏡だけを見て頭頂部や側頭部そして見えない後頭部をきるのは難しいです。

ですが思ったより数ミリ短くなった、何だかあまり揃っていないとなった時にスタイリングで誤魔化す事もできるので、改めて手を加えれば綺麗に仕上げることができます。

大切なのはこまめにカットした状態と全体のバランスを見比べることが大切なのと、一気に大幅にカットするのではなく少しづつカットする事が多いです。

バリカンを使ったセルフカットの場合道具さえ揃っていれば簡単にすることができます。

焦らず少しづつ進んでいけば素人でもセルフカットができるようになります。

一つ一つの部位ごとに丁寧にカットしていくと理想のヘアスタイルに仕上げられるので、焦らず慎重にカットするのが大切なポイントです。

子供の場合の注意点

慣れるまでは音や振動を怖がる子もいると思うので、音や振動の少ないバリカンを選ぶことがおすすめです。

今は色んなバリカンがあるので、音も小さいものがあったり振動もすくない物もあるのでおすすめです。

バリカンをを嫌がる場合はハサミで気になるころを少しづつ切るなどして、まずは髪の毛を切るということになれるのを目標にすると子供でも失敗なく済みます。

カットが楽しいものになるよう玩具で遊ばせながら、そして頑張ったご褒美をあげるように工夫するといいでしょう。

またバリカンを使う時は濡れた髪の毛に使うのではなく、完全に乾いている状態で始めるのがベストで、男の子の場合寝癖が付きやすいため、それを直さずそのままカットする時の髪の毛が引っかかるので痛く嫌がる事があります。

1度髪の毛全体を濡らしながら髪の毛を乾かして、癖を一度取り除いてからすることをおすすめします。

毛量が多いのであれば、髪の毛が絡まりやすいので先にすきバサミを使って毛量を減らしてからバリカンを使ってみてください。

子供の場合男の子でも髪の毛が長い時がありますが、その時は最初にはさみで3センチほど長さを残しながらバリカンを使えば失敗もないですし、カットする時間の短縮もできます。

ある程度短めの子供のカットをする場合は15mmのアタッチメントに設定して3~5mmずつ切っていき、最後は1mmまで徐々にみじかくしていきます。

失敗した時の修正方法

もしセルフカットの時にハサミを使っていたならその失敗をカバーする方法があります。

それがバリカンで、アタッチメントが付いているバリカンであれば下から上に救うようにするだけで失敗が目立たなくならはますし、長さを変えた場所のぼかしにも使えます。

これはプロの美容師でも使っている技なので、アタッチメントを付ければセフルカットの失敗も簡単に修正できます。

まとめ

難しいと思われがちなセフルカットですが、バリカンを使えば素人でも簡単に綺麗に切る事ができます。

美容室を嫌がるお子様にもおすすめですし、切り方のコツさえ掴めば失敗もしないですし、上手く切る事ができるので、大丈夫です。