バリカンの音がおかしいと思ったらオイル切れらしい!オイルの注し方を教えて!

バリカンの場合、その刃の回転数を安定させてスムースに動かすためにも、オイルの使用は必須です。

なので使用前や使用後のお手入れの時には、注油をしておきましょう。

せっかくのバリカンの切れ味が鈍っては、使う価値も無くなってしまいますね。

バリカンには注油が必要

バリカンの場合、刃の回転の滑らかさがその切れ味に関係してくるものです。

きちんと回転していないと、きれいにカットができないということですね。

髪の毛が絡まってしまう元になることもあります。

なので特に使用前にオイルを注すことは必須、と言っていいでしょう。

まあ何によらず、回転して動かすものには潤滑油は必需品です。

自転車だって時に油をささないと、ペダルが重く感じますね。

漕ぐのに余計な力が必要になってしまいます。

あれと同じことで、バリカンの刃の回転も滑らかに行かないと、カット自体に支障が出てしまうのです。

できれば最初から、使用前には注油というのを習慣にしてしまうのが良いのです。

でもそれができなかった場合オイル切れはいつかはやってきます。

何時もと作動音が違う感じがする、手に伝わる振動がちょっと鈍いなどの時は、オイル切れの可能性があります。

そんな時にはすぐに、オイルを注したいものですね。

オイルの注し方を簡単に知っておきたい

もちろん使用説明書にもでていますが、基本的なオイルの注し方を見ていきましょう。

まず刃を本体から外す

最初にするのは、本体から刃を外すことです。

力は必要なく外せるはずですので、怪我などしないように丁寧に外してください。

外し方は説明書にもでていますし、メーカーの公式サイトで見ることできます。

この時一緒に、刃の部分に異物が挟まったり、ついていないかもチェックしておきましょう。

前回使用した時にきちんと水洗いとかブラシで、刃の部分をきれいにしてあればもちろん問題はありません。

しかしちょっと手入れが足りないということも、もちろんありますので、よく見てきれいにしておきましょう。

使用後のお手入れの場合は、ここで刃の部分をきれいに掃除しておきます。

毛くずが詰まると動作が妨げられることもありますので、細かい部分は爪楊枝とかできれいに掃除しておくのがおすすめです。

注油をする

取り外したら、いよいよ注油をします。

刃の足の部分やモーター部に、油をさしていきます。

この時に注し過ぎに注意してください。

注油と言うとたっぷり、と言うイメージがありますが、何しろ小さな部分です。

1滴もしくは2滴で充分なのです。

多すぎると溢れ出してしまって、逆に処理が大変になってしまいます。

くれぐれも、ほんの少量と心得ておいてください。

専用のオイルの入れ物ならそのあたりも考えられて作られていますが、代用オイルを使う場合には少量出すことの出来るボトルに移し替えてからがおすすめです。

くれぐれも、ドバっとかからないようにしてください。

元の位置に刃をセット

注油が終わったら、刃を元通りにセットし直します。

この時にきちんと元通りにしないと、後で不備が出ることもありますので、しっかりとチェックしてください。

わからなくなったら説明書をよく読む、メーカーのサポートを利用するなどして、きちんとセットしましょう。

適当でいいや、はご法度です。

セットが終わったら最終点検ですね。

特にオイルがはみ出ていないか、よく見てください。

はみ出てしまっていたら、キッチンペーパーやタオルなどでしっかりと拭き取りましょう。

オイルをそのままにしておかずに、始末をきちんとしてください。

オイルを購入するのはどこで

バリカンやひげトリマー専用のオイルは、ネットでも店舗でも簡単に手に入ります。

それほど高価なものではないので、常に1本常備しておくのがおすすめです。

ネットオークションやネットフリマでも販売されていますので、時間のない人はそちらでの購入がおすすめです。

実はバリカンのオイル、ベビーオイルなどでも代用ができるのです。

しかし専用オイルに勝るものはありません。

代用オイルの使いすぎで故障などということのないように、できるだけ専用オイルを使ってください。

何気に注油は面倒だと思ったら

自分は面倒くさがりだとか、できるだけお手入れは簡単にと思った場合、注油の必要がないバリカンを利用というのも視野に入れてみましょう。

オイル不要で使うことの出来る家庭用電動バリカンは、すでに何機種か販売されています。

実際にお手入れの時間がないなどの場合、注油が必要なバリカンだとどうしても手入れ不足になってしまうことがあります。

そんな場合はいっそ、注油不要のバリカンを購入して、使っていってください。

値段の面でもそう高いということもなく、コスパよく安心して使ができますよ。

まとめ

家庭用のバリカンの場合、多くが注油は必須です。

長く切れ味良く使うためには、しっかりとしたお手入れと注油が必要なのです。

バリカンを使い始めたら、使用前使用後に注油とメンテを習慣にしてしまいませんか。

そうすれば何時でも快適なバリカンセルフカットライフがおくれますよ。